ひとりごと・・・



<   2008年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧


初夢・・・326

d0029376_4431661.jpg


レジェンド・・・

このまえ、そんな言葉を新聞か何かで見かけて、
その言葉とはあんまり関係はないけれど
ふと、高校時代の世界史の教科書を読み直してみた。

いま読み返してみると、おもしろい。
人の歴史が数百ページの本の中にぐっと詰まっている。

そして、どのページも、いろんな意味で輝いている。
なかには、争いや災害を取り扱ったものもあるが、
民主主義の成り立ちや、文化文明のめざましい発展を
記述したページに、あらためて心奪われた。

そして、考える。
自分の生きているこの時代が、
どんな風に後の人に表現されるのかを。
同じ日本の人から、そして、世界の人から。

なんていわれるんだろう。
怖いです。
[PR]
by mar999 | 2008-03-05 04:54

初夢・・・325

d0029376_4564389.jpg


今週は珍しく飲み会がある。
先月は歓迎会、今週は同期会だったり。

この時期のビールは、恐ろしいです。
花粉症な私は、のどがからからになって、
のども痛めるし、鼻は詰まるし。

花粉症にやさしいアルコール飲料ってご存じありませんか?
[PR]
by mar999 | 2008-03-04 04:59

初夢・・・324

d0029376_541772.jpg


月曜日から雨のようです。
先月からなんだか雨が多いような気がするのは気のせいでしょうか?

気温もなんだか寒いようですし、
出社がしんどそう。

とはいえ、一週間の始まりの日ですから、がんばらないと。

そういえば昨日は、ビデオレンタルのお店に行って
相棒を捜していたのですが、そこにはseason3, season4のものしか
おいていませんでした。
pre seasonを借りたかったのですが、なかったので、
泣く泣くあきらめました。

古畑任三郎は全部そろっていたというのに。
ああ。あああ。
[PR]
by mar999 | 2008-03-03 05:08

初夢・・・323

d0029376_9121583.jpg


昨日は、ちょっと用事があって瀬戸と土岐に出かけてきました。

はじめはよかったのですが、
だんだんと周りが雪景色(ちょっとだけですが・・・)に変わってきたので、
ノーマルタイヤな私は結構焦りました。

昨日は、普段は走らないような道ばかりを走ったので、
いろいろ道のお勉強になりました。

あたらしもの好きな私は、
カーナビも是非とも買ってみたいと思うのですが、
長年慣れ親しんだ地図(マップル)しか買わないような気が。

これだけネット検索ができる時代でも、
いまだに、辞書を片手にがんばっているおーるどふぁっしょんな
私ですから、カーナビを購入したとしても、
HDDにクロードチアリと、中島みゆきさんの曲を入れまくって終わりという落ちになりそう。

・・・そもそも燃料費高騰で、そんなに車に乗ってもいないし。

燃料費だけでなく、
餃子の王将のお持ち帰り用のパック料金も高くなってしまいました。
その他食料も、どんどんと値上げの波がおそってきています。

3月度の予算案を家計簿に入力し終えたのですが、
こういった値上げの効果が家計簿にどんな形で反映されるのか、
しばらく様子を見なくてはなりません。
カーナビ購入検討どころではなさそう・・・(;;)

ああ。あああ。
[PR]
by mar999 | 2008-03-02 09:30

初夢・・・322

d0029376_5393634.jpg


昨日のお話とちょっと関連した話題です。

実は8ヶ月くらい前までは家を出るのはもう30分遅かったのです。

ただ、某鉄道会社の策略で、
必ず座れる電車の車両が2両減らされ、座れなくなりました。
それどころか、電車の混み方が尋常ではなくなり、
耐えきれなくなってしまいました。

で、バスを1本早めた(始発バス)のです。
なので、それ以来、今の時間に出社するようにしました。

8ヶ月間、同じ時間のバスに乗り続けているので、
だいたい、バスに乗っている人がわかってくるようになりました。
それだけでなく、バスの運転手さんも名前と運転が一致するように
なってきました。

「あ、今日はAさんだ。今日は早くに駅に着けそうだ。」
「あ、今日はBさんだ。きっと今日も律儀に時間調整するんだろうな?」
「あ、今日はCさんだ。この人は慎重な運転をするから
きっと電車のりかえ、間に合わないな。うるうる」

こんな感じでございます。
電車への乗り換えが3分あるかないかなので、
どうしても、それに間に合うかどうかが気になってきます。

そんな中、どうしても私の理解を超える運転をしてくださる運転手さんが
いらっしゃいます。私は彼のことを「奇跡の人」と呼んでいます。

「奇跡の人」は、私が知るバス運転手さんの中でも、
とくに慎重な運転をなさいます。
「いま、絶対に35キロはでていないだろうな~」
と確信できるスピードで運転をされるのです。

バスに乗ると、いつも
「ああ、このスピードでは絶対に電車に乗り遅れる・・・」
と悲壮感全開でいるのです。

しかし、「奇跡の人」はなぜか定刻に駅に到着するのです。
定刻前に到着することもあります。
自分の中の感覚では理解できないのです。
「なぜ、定刻にバスが到着してしまったんだろう・・・」

昨日、またその「奇跡の人」のバスに乗る機会がありました。
昨日は、その早さの秘訣を解析したいというえせ科学者魂に火がつきました。
しかし、結局あらたな謎が生まれてしまいました。

ものすごい長い信号では時間いっぱい待たされて、
スピードもゆっくりなので、遅れるはずがきちんと到着。

ただ、「奇跡の人」の奇跡の理由の一端をかいま見ることができたような
気がしています。
普段はまずあり得ない、街中の信号6つノンストップという偉業を
達成されていたのです・・・

うちの街中は信号がそんなに同期化されていないので、
2つ進んだら止められ、というパターンが主なのですが、
「奇跡の人」は6つとばしをされたのです。
(あれ、信号機(交差点?)ってどうやって数えるんでしたっけ?)

あまりにすばらしいテクニックで感動すら覚えてしまいました。

次回、奇跡の人に会うのはきっと2週間後、
次にどんな奥義を見せていただけるのか、
いまから楽しみでなりません。
[PR]
by mar999 | 2008-03-01 06:03


平凡な日常・・・