ひとりごと・・・



<   2006年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧


愛と悲しみの修善寺90

d0029376_1147071.jpg


こんにちは~
今年も残すところ今日一日となりました。
いつも、このようなページに懲りずに足を運んでくださって
誠にありがとうございます。
来年、さらに磨きをかけ、怪しさを増していく所存でございます。
今後とも引き続きよろしくお願い致します。

ああ、ポテトサラダが食べたい・・・
[PR]
by mar999 | 2006-12-31 11:57

愛と悲しみの修善寺89

d0029376_2145337.jpg


こんばんは~

引き続き連続投稿でございます。
今日は本当に寒かったです。
マフラーとジャンパーを着て何とか凌ぎましたが、
寒くて眠い、そんな一日でした。

今年も皆さんには大変お世話になりました。
感謝の気持ちを込めてこんな写真をお届け致します。
ではでは~
[PR]
by mar999 | 2006-12-30 21:46

愛と悲しみの修善寺88

d0029376_21382867.jpg


こんばんは~

年末ってきぶんが急にしてきました。
街の中の車の数が急に減りましたので・・・

12月30日・・・
365日も後1日で終わろうとしております。
今日は両親とともに、年末を楽しむために
吉野家に出かけてきました。
豚丼の並(330円)を食べて参りました。

今日はお天気もよく冬らしいすてきな夕焼けを
見ることができました。
年末にふさわしいおみやげ写真を置いていきます。
[PR]
by mar999 | 2006-12-30 21:43

愛と悲しみの修善寺87

d0029376_20413481.jpg


こんばんは~

最近はなかなか朝に書き込みができません(;;)
ということで、こんな時間になってしまいましたが、
書き込みでございます。

昨日のふぁいや~をちょっとひいたところから
撮影した写真でございます。
今年のお正月の写真です・・・
しかし、タイトルは相変わらず修善寺でございます。

明日は待望の甘酒もとめて三千里・・・
楽しみたいです・・・
[PR]
by mar999 | 2006-12-30 20:43

愛と悲しみの修善寺86

d0029376_19363221.jpg


こんばんは~

修善寺、確か10月の半ばに出かけたのですが、
未だに写真はちゃっかり続いていたりします。
そろそろ終わるはずなのですが・・・
今日は一日眠い日を過ごしました。
うん、今日はゆっくりと眠ろうかと思います。
ではでは~
[PR]
by mar999 | 2006-12-29 19:39

愛と悲しみの修善寺85

d0029376_353229.jpg


おはようございます~
昨日は、いいお天気でしたね。
今日は仕事納めの日です。
大掃除・・・がんばらないといけませんね。

さすがに、修善寺シリーズの写真も残り少なくなってまいりました。
しかし、このペースでは年内の完結は難しそうです。
今しばらく、修善寺の風景をお楽しみください。
修善寺といえばJA・・・
なので、今日は、修善寺にあるJAをご覧ください。
[PR]
by mar999 | 2006-12-28 03:55

愛と悲しみの修善寺84

d0029376_5414387.jpg


おはようございます~
今日はわさび販売機の紹介です。
あいにくボーナス前のため、わさびを買うことは
できませんでした。
わさび販売機の凛々しいお姿をご覧になって、
修善寺に思いを馳せてください。
[PR]
by mar999 | 2006-12-27 05:41

愛と悲しみの修善寺83

d0029376_426267.jpg


おはようございます~

今日は朝から大雨です。
ちょっと散歩に出かける気分がなくなっていますが、
今日は月に2度の資源ごみ回収日でもあるので、
気合を入れて出かけてみようと思っております。
今朝は久々のカレーうどん。

どんな味になるか、楽しみです。
[PR]
by mar999 | 2006-12-26 04:28

愛と悲しみの修善寺82

d0029376_20573759.jpg


そして、再びこんばんは~
修善寺の写真ですっかり忘れておりました・・・
誠に申し訳ございません。
関係者の皆様にはご心配おかけしましたが、
この写真、今年もきちんと撮影してあります。
安心してくださいませ・・・

「夢見る少女~2006」

取り急ぎご連絡まで・・・
[PR]
by mar999 | 2006-12-25 20:59

愛と悲しみの修善寺81

d0029376_2029507.jpg


文豪たちをはぐくんだ街・・・修善寺。
伊豆、そして、修善寺は日本文学史に残る数々の
名作を生んできました。
そんな修善寺の遺伝子は今も引き継がれています。

文学の街、修善寺の最新作をご覧ください。
[PR]
by mar999 | 2006-12-25 20:31


平凡な日常・・・