ひとりごと・・・



初夢・・・277

d0029376_1324152.jpg


アリとキリギリス・・・

いま読んでいる本で知った話ですが、
もともとの原文はアリとキリギリスではなかったのですね。

原文では「アリとセミ」というそうです。

セミというと、私の頭の中では
・長い下積み生活
・はかない表舞台

という印象が浮かんできます。
そして、真夏の炎天下にクーラーもないところで
ひたすら泣き続ける姿からは、努力家という言葉も連想されます。

ですから、
「アリとセミ」という原文のタイトルには物申したくなる自分です。
そんな思いを抱いているのは自分だけなんでしょうか?

同じセミであっても、見る人が違えば、多種多様に映るものなんですね。
セミが遊びものというイメージ、なかなか想像できないのですが、
そんな想像を生み出すなにかが、原作者にはあったのですね。
[PR]
by mar999 | 2008-01-20 01:33
<< 初夢・・・278 初夢・・・276 >>


平凡な日常・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30